岡山のピラミッド「熊山遺跡」で千年ドローン

今日は旧正月ということで、地元、備前国一宮の石上布都魂神社に参拝してきました。山頂の本宮にもお参りして、清々しい空気を満喫しました。その本宮の背後にある磐境(磐座)は巨石の遺跡で、今日は遺跡つながりということで、以前から存在が気にはなっていた赤磐市熊山にある熊山遺跡に初めて行ってきました。

二本の熊山天然杉

途中までは車でいき、駐車場からは500mほど歩く模様。どんな遺跡なのかとワクワク進んでいくと、なんだか大きく立派な杉の巨木がチラホラ出てきて、だんだん周りも太鼓の空気に包まれて、なんて思ってたら、

熊山天然杉

いきなり右手に現れました。

二本の二本の熊山天然杉

苔が時の流れを辺りに漂わせてます。

そしてすっかり悠久の旅人気分で歩を進めるとすぐにまた別世界に引きずり込まれます。

山頂の開けた明るい熊山遺跡

天然熊山杉から歩いてすぐにパッと開けた明るい山頂にでます。その先に鎮座する石のピラミッド熊山遺跡。

少し離れたところに看板が設置されてました。

ふむふむ。なんと竪穴に石室があるとのこと。奈良時代からということは、天然杉とともに千年を超えてきたということ。

感慨にふけりつつ千年気分で、遺跡を一周。アイフォンでパシャパシャしてみました。

我ながらパッとしない写真に、千年気分も吹っ飛び、気を取り直して奥の手をだすことに。

遺跡と千年感が少しは増し、なんとか旧正月を迎えることが出来そうです。

360度画像も試しに撮影してみました。

また、しっかり準備を整えて、熊山遺跡の千年を撮影しに行こうと思います。

では良い旧正月を!