Googleマイビジネスの『リスト表示』に出てくる写真の順序と種類

Googleマップ検索時におけるマイビジネスの『リスト表示』

今回は、スマホでのGoogleマップ検索時における、『リスト表示』についての記事です。

『リスト表示』とは、Googleマップで例えば「レストラン」を検索した時に出てくる各々のマイビジネスのリスト表示のことです。見込み客であるGoogleユーザーは、このリストからお店を選びます。

『リストを表示』をクリックするとマイビジネスがリスト表示されます。
マイビジネスのリストを下にスライドさせると『リストを表示』となって地図メインになります。

『リスト表示』の際の写真の順番

Googleマイビジネスの写真の順番に関しまして、少し分かりにくいですが、二つの意味があります。

1つは、以前の記事で取り上げました、「ご自身のマイビジネスをクリックされた後の写真の表示順」についてです。
参考:Googleマイビジネスで写真の順番を変更したい時の対処法

そしてもう一つは、今回ご紹介する、「ご自身のマイビジネスがまだクリックされる前、『リスト表示』で競合他社と並んで表示された時の写真の表示順」についてです。

『リスト表示』に出てくる3つの写真

例えば、「カフェ」に対する検索結果の『リスト表示』で出てくるマイビジネス達の写真は、よく見るとそれぞれ同じような写真が並んでいることに気付きます。

1つ目に店内写真
2つ目にフードやドリンクなどの商品写真
3つ目に外観写真

『リスト表示』の写真はスクロールすると4つ目まで表示され、それ以外は「その他の写真」をクリックして見れる仕組みです。

4つ目以降の傾向は掴めませんが、1~3番目までの写真は、どのお店も大体同じ順序で表示されてることがわかります。

中には商品写真が連続だったり店内写真が連続してたりする店舗もありますが、この塩梅はGoogleの仕様なのでコントロール出来ません。

ただ、バランス良くにせよ、偏っているにせよ、この3種類の写真がGoogleによって選ばれているようです。

つまり、この3つの写真が、まずクリックしてもらえるかどうかの大きな鍵を握ると言えます。

逆を言えば、新規の見込み客であるGoogleユーザーは、この「3つの写真」と「口コミ」でしか、候補地を選びようがないということです。

『リスト表示』に出したい写真は「オーナー投稿」で

『リスト表示』の競争で、たった3枚の写真で他社に負けずクリックしてもらうには、出来るだけ魅力的な写真を『リスト表示』に掲載したいところです。

そこで、完全とは言えないが表示優先度が高いと言われる「オーナー投稿」がここでも重要になってきます。

例えば、「オーナー投稿」で、メニューの写真ばかりに力を入れて、肝心の店内写真や外観写真を掲載していない場合は、ユーザーによる投稿が適用されるかも知れません。
そうなると、ユーザーの写真が素敵な場合は良いですが、そうでない場合、マイナス効果になることも考えられます。

以上のことから、
①店内写真②商品写真③外観写真については、出来ればプロのカメラマンに頼んだり、納得のいく写真をご自身でご用意することをお勧めします。
またプロカメラマンに依頼した場合は、カメラマンや業者さんのアカウントで投稿してもらうのではなく、写真データを受取り、オーナーアカウントから投稿するように注意しましょう。

『リスト表示』における写真の表示順と種類の傾向を把握し、クリックしてもらえる写真を「オーナー投稿」することで、Googleマイビジネスの競争力を高めていきましょう!


Googleマイビジネス関連記事