どこかお茶目な絶景ストリートビュー

Googleストリートビューは、いつからこんなにお茶目で美しくなったのでしょう?

え?いやいやどしたん?

もう驚愕と溜息しかでてきません。

見えますでしょうか?中央に男性がいるのが。

もう一度少しアップで。

画像はマウスやタッチでグリグリ動かせますのでこの男性の置かれた状況を確認してみて下さい。

え?何してんの?ですよね。

ただよく見ると、頂上を目指す向上心むき出しの視線が素晴らしい一枚なんです。

と思いきや・・・

しっかり下も確認してるところが、やはりプロですね。少し安心します。

周りに誰かいるのかなと思い探してみると

いました。お茶目なプロが。下から迫りくる影から逃げたいけど、横移動しか出来ない感じが尚お茶目です。

これはアメリカ『ヨセミテ国立公園』のストリートビューなのですが、まさかストリートビューが崖まで行くなんて。Googleのお茶目さも感じずにはいられません。

ということは、他にも・・・

と思って探してみると・・・

はい。発見。

これまた一段とお茶目なクライマー。

「なぜ山を登るのか?」「そこに山があるから」という問答がこだまします。

その先に何があるのか?

ストリートビューで移動しながら、彼らの行末を追いかけてみました。

そこには、こんな光景が広がっていました。

スイスの『モンブラン』。

この絶景を360度写真として疑似体験できる。

まさに感動。

ということで、今回はお茶目な絶景ストリートビューをご紹介しました。

是非、「Googleマップで見る」をクリックして全画面で味わってみて下さい。