地域のライバル店がストリートビューを導入してるか調べる簡単な方法

地元に根ざした多くのビジネスには、その地域にライバル店が存在していると思います。

ライバル店がどんな仕事をしているかは、同じ地域の方なら少なからずご存知かと思いますが、そのライバル店がどんなWeb集客を行っているかはあまりわからないといった方も多いかと思います。

Web集客において欠かせないGoogleマイビジネス、その中で店舗ビジネスにおいて特に重要なGoogleストリートビュー。

今回は、Web集客に力を入れるべき店舗ビジネスが、ライバル店のストリートビュー導入実績を簡単に確認できる方法を解説します。

①まずは、Googleマップを開き、地域のストリートビューを表示させる手順です。試しに岡山駅を検索します。次に、画面左上のハンバーガーアイコンをクリックします。

次に出てきたメニューの中から「ストリートビュー」をクリックします。すると青いラインが出てきます。これがストリートビューの撮影されてるポイントとなります。

では、今回は岡山の表町にあるカフェの店主になったつもりで、ライバル店を調査してみたいと思います。まずは地図をドラッグして表町付近に移動し、次に「カフェ」と検索します。すると「カフェ」が赤いピンのアイコンで表示されます。

表町付近に移動
調べたいエリアで「カフェ」と検索

マップをよく見ると、丸いブルーが見えます。これが、屋内のストリートビューがあるよ、というマークになります。

つまり赤いピンと同じところに青い丸があれば、その「カフェ」がGoogleストリートビューを導入しているということになります。

わかりやすくもう少し拡大してみます。

これで、ライバル店がGoogleストリートビューを導入しているかどうかがわかります。

また、青い丸をクリックすると、そこが導入してるGoogleストリートビューを見ることが出来ますので、どんな感じかもチェック出来ます。

このようにして、どんな業種のビジネスでもライバル店のストリートビューは確認できますので、気になるところがあったらチェックしてみて下さい!