低空の城・周匝茶臼山城をドローン空撮ストリートビュー

天空の城として有名な竹田城跡や、備中松山城はみなさんご存知だと思います。

が、ここ岡山にはまだあるんです。中空の城、いや低空の城として名高い山城が。

その名も 、周匝茶臼山城。

読めませんね。

周匝は”すさい”と言います。

周匝茶臼山城跡は「決してショボくないカワイイ城」として地元では知れ渡っています。

Googleマップより

どうでしょう、カワイさMAXですね。

ただ、山城の感じがこれでは伝わらないので、ここはやはりドローンによるストリートビューで観ていただきたいです。

低空の城・周匝茶臼山城 (※マウスでグリグリ回せます。)

カワイイだけじゃない、低空の城・周匝茶臼山城。

そしてもう一つ、ここには可愛いだけじゃないエピソードがあります。

数年前ここに訪れた時、管理人?の方が気さくに話しかけてくれまして、ここの昔話を色々お聞きしました。

管理人?さん曰く

「ここは戦争中、岡山へ空襲に来るB29の見張りの基地があったとこなんじゃ」

「当時は基地作るのに地元の子供も総出で、資材を山頂までバケツリレーしてな」

など、清々しい笑顔で語ってくれた管理人?さん。

撮影中、このエピソードを思い出し、ドローンが飛ぶ空にB29の存在が重なりました。

そんな「カワイイ低空の城・周匝茶臼山城」。一度訪れてみてはいかがでしょうか?

桜の名所でもあるので、是非!