Googleストリートビューや360度画像における解像度の違い

360度画像で気になる「ズレ」「真下」「画質」の違い

Googleストリートビューを見る時、「ん?」と何か疑問に思ったことはありませんか?

画像が途中でズレてたり、真下に変なモザイクや加工があったりなど、少し気になる360度画像は多く存在しています。

中でも一番気になるのが「何か画質が粗い」といったことではないでしょうか?

画像のズレについては、撮影と写真合成の明らかなミスです。(一眼レフによる360度画像は複数枚の画像を合成して作られています。)

真下の加工については、撮影と合成の手間を減らしたい業者さんが採用している方法です。

そして、画質の粗さは、概ね使用しているカメラの違いになります。

360度カメラと一眼レフカメラによる解像度の違い

360度画像は、大きく分けて、360度カメラ(RICOH THETAなど)によるものと一眼レフカメラによるものの2種類に分けられます。

360度カメラは、有名なRICOH THETAの最新高性能機種Z1で解像度が6720×3360、約20メガピクセル。

Z1より一つ前の機種THETA Vの解像度は5376×2688、約14メガピクセル。

一眼レフカメラによる360度画像は、使用するカメラやレンズによって変わりますが解像度は約12000×6000、約72メガピクセルです。

つまり、単純に一眼レフカメラによる360度画像の方が4~6倍程の解像度を持っていることになります。

解像度の違い事例(Googleストリートビュー)

では解像度の違いを比べて観て下さい。スマートフォンではさほどわからないかも知れませんが、PCの全画面表示だとその違いは顕著です。(出来れば全画面で360度画像を動かしたり拡大したりしながらご確認下さい)

RICOH THETA V(約14メガピクセル)

一眼レフカメラによる360度画像(約72メガピクセル)

RICOH THETA Z1(約20メガピクセル)

一眼レフカメラによる360度画像(約72メガピクセル)

まとめ

皆さんがストリートビューなどで見るちょっと画質粗いなって画像は、大体360度カメラで撮影されたものだと思います。

ただ、THETA Z1の解像度6720×3360でも、ある程度許容範囲という方もいらっしゃいますので、導入価格も安くて済む360度カメラによる制作も良い選択肢の一つだと思います。

ヒラガナ360では、導入しやすい360度カメラによる撮影も、ズレなし真下の違和感なしの高品質な一眼レフカメラによる撮影も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい!