日本三大奇祭の「西大寺会陽」!最新動画と西大寺観音院ストリートビュー!

本日、天下の奇祭「西大寺会陽」という裸祭りが、岡山市の西大寺観音院で開催されました。2017年よりYoutubeでのライブ配信が行われており、去年は足を運んだのですが、今年は行けなかったのでYoutube観戦となりました。

西大寺会陽の詳細については西大寺観音院さんHPを。

相変わらずの圧倒的破壊力を持つ裸群の蠢きに心を鷲掴みにされ、画面に釘付けでした。

本日は、そんな奇才の最新映像と、舞台である西大寺観音院がどんな所なのかがわかる寺院の内部ストリートビューをお届けします!

西大寺会陽2020

これが、先程終えたばかりの会陽2020の様子です。再生は宝木投下(22時)3分前あたりに設定してます。全画面設定で、裸達の争奪戦を、心ゆくまで、有り難く、御覧ください!

本堂

そんな裸群による壮絶な”宝木”の奪い合いが行われる本堂ですが、普段の様子もストリートビューでご覧いただけます。本堂の上部に見える窓は「御福窓」と呼ばれ、ここから”宝木”が投下されます。

千手観世音菩薩を本尊とする内部もストリートビューで観ることが出来ます。

三重塔

普段入ることのできない三重塔の内部もストリートビューで観ることが出来ます。三重塔や五重塔で有名な心柱は、二重目からで、梁が不規則に張り巡らされた塔内部の写真もHPで公開されています。

牛玉所殿

そして、会陽で見事に宝木を手にした”福男”が宝木を祝主に納める「祝込の儀式」が行われる牛玉所殿(ごうしょでん)のストリートビューです。ここの梁も見事なので、是非天井も観てみて下さい!

まとめ

毎年、2月の第3土曜日に行われる「西大寺会陽」。年々外国人の参加者も増えており、全世界から注目される奇才で、国重要無形民俗文化財にも指定されています。

奈良時代から続くこの奇才の舞台である西大寺観音院は、また日常に戻っていきますが、普段の姿も、とても魅力があり、歴史が詰まっています。是非一度訪れてみて下さい!