屋内・店内版Googleストリートビューをマイビジネスに導入するメリット・デメリット

屋内・店内版Googleストリートビューとは

Googleストリートビューは、Googleマップで閲覧できるGoogle撮影による公道のストリートビューが有名ですよね。
一方屋内・店内版ストリートビューとは、Googleではなく、Google認定フォトグラファーや個人が撮影した屋内の360度写真のことを言います。
屋内・店内版ストリートビューは、GoogleマイビジネスやGoogleマップで、的確で魅力的な情報をユーザーにアピールできるサービスです。
空間を360度見渡す事が出来るため、写真だけでは伝えきれないこだわりや、ユーザーの知りたい雰囲気などをダイレクトに表現することが可能です。

Googleマイビジネスのバーチャルツアーとは

マイビジネスにあるGoogleバーチャルツアーの画像
Googleマイビジネスのホーム画面

Googleマイビジネスのホーム画面を観ていただくと、Googleバーチャルツアーという項目があります。
何のことかと思いますが、要するにGoogleバーチャルツアーとは、屋内・店内版のGoogleストリートビューのことです


また、Googleの説明にある”インタラクティブな360°のバーチャルツアー”とは、
写真や動画が、制作者によって一方的に切り取られた空間をユーザーが見せられる情報なのに対して、
360度写真によるバーチャルツアーは、閲覧者が観たいところを自由に見ることができるインタラクティブ(双方向)なストリートビューだということです。

飲食店のマイビジネス
Googleマイビジネスで店内ストリービューの表示例

バーチャルツアーは、屋内や外観を360度好きなように観て頂けるので、ユーザーにとってのお店選びにとても役に立ちます。

誰でも初めてのお店選びで、なるべく失敗はしたくないですよね。
なので、できるだけ早く、できるだけ多くの情報をユーザーは求めています。

360度見渡すことの出来る屋内ストリービューは、そんなユーザーに安心感と魅力を伝えることができます。
そういった理由から、Googleもバーチャルツアーで”来店を促進しましょう”と呼びかけています。

Googleストリートビューのメリット

そんなバーチャルツアーですが、Googleマイビジネスに導入したら本当に効果がでるのでしょうか?

Googleマイビジネスにストリートビューを導入するメリットと、あまり語られること無いデメリットをご紹介しながら、
Googleマイビジネスに本当に導入すべきかどうか?導入するならどんなバーチャルツアーが最適なのか?を詳しく解説していきます。

店舗・施設側のメリット

写真や動画では伝えきれないリアルな空間

マイビジネス投稿種類の比較表

上の図は、マイビジネスにおける「写真」「動画」「ストリートビュー」の役割と効果を示したものです。
写真や動画は、商品やインパクトのあるイメージを伝えることには適していますが、
施設・店舗の雰囲気・全体像を伝えることにおいてはストリートビューに敵わないことがわかります。


Googleマイビジネスの目的が来店の促進である以上、ストリートビューでリアルな空間を魅力的に伝えることが出来れば、来店への大きな後押しになると言えます。

コスト面

Googleストリートビューを導入することで、店舗・施設のコストを抑えることが可能です。
場所・駐車場の説明、席数・テーブル数や細かな導線など、これまで電話で説明していたことなどが、ストリートビューがあることで事前に把握してもらうことが出来ます。
そのことで、「来店してみたけどイメージが違った」などの苦情や低評価の口コミを減らすことにも繋がります。

また、Googleストリートビューの掲載自体にランニングコストはかからないので、一度導入すれば大幅な改装などが発生するまでは、初期投資のみでご利用頂けます。

ホームページへ埋め込み可能

また、Googleストリートビューは、既存のHPに埋め込むことも可能です。
Googleマイビジネス、ホームページに設置しておくことで、広くユーザーにアピールすることが可能です。

ホームページへのストリートビュー埋め込み事例
ストリートビューのホームページ埋め込み事例の画像
実際のホームページはこちらからご確認下さい

GoogleストリートビューをブログやSNSへ埋め込む方法については下記リンクに詳しく解説しています。

お客様(ユーザー)のメリット

次にお客様のメリットですが、それは何と言っても「失敗しないお店選び」ができるということです。
外観ストリートビューがあれば、お店に迷うこともなくなり、駐車場の有無や場所もすぐにイメージ可能です。
また、店内の全体像を把握できるので、
デートに適したところか?
大人数の飲み会で楽しくできそうか?
店の広さは?
どんなものが商品として置いてあるか?
などなど、これまでは行ってみないとわからなかったことが、直感的に感じ取れるということです。

お客様は、魅力を感じ、安心感を持って来店することが可能になります。

Googleストリートビューのデメリット

店舗・施設側のデメリット

ストリートビューには、店舗・施設側にとっても、お客様側にとっても様々なメリットがありますが、
場合によっては双方にとってデメリットになることも考えられます。

低品質だと逆効果

Googleストリートビューには、他の写真などと同様に、品質があります。
下の表は、ストリートビューにおける品質項目を、ストリートビュー作成ツールごとに評価したものです。

作成ツール(カメラ)の違いごとに、品質が異なるのはおわかり頂けるかと思います。
一眼レフでのストリートビュー作成には、現像・合成ソフトによる編集で、さらに細かく品質がわかれます。
確かな経験と妥協なき合成技術があるかどうかで、品質に優越が生じます。

もちろん、品質は高ければ高いほど良いにこしたことはないですが、専門知識が必要な一眼レフ撮影などはコストがかかります。
ストリートビューは、360度カメラ・スマホでもお手軽に制作できることから、ご自身でも業者さんに頼んででも安価で導入しようと思えば出来るでしょう。
ただ、あまりに品質の低いストリートビューだと、かえって逆効果になることも考えられます。

下記リンク先に「360度カメラと一眼レフカメラによるストリートビューの違い」を比較事例付きで詳しく解説していますので、是非チェックしてみて下さい。



写真と同じで、こだわりの空間が低品質だと魅力は半減してしまいます。
「行ってみたい!」と思ってもらえる品質のストリートビューで来店を促進しましょう!

掲載ポイントが多すぎると観てもらえない

「店内のGoogleストリートビューって正直クリックして移動するのがめんどくさい」

皆さんの中にもこのような経験をされた方がいらっしゃると思います。
せっかく外観から店舗・施設内をくまなく撮影してバーチャルツアーを作成しても、お客様にそんな風に思われたら元も子もありません。

例えば、外観から始まって入り口にいくまでに何クリックも押さないといけないケースなどをよく見かけます。
ほとんど変わらない景色なら、1クリックですぐに入り口に移動してほしいとユーザーは思うのではないでしょうか?
そうなると、せっかく店内の高品質なストリートビューを用意していても、それを観てもらう前にお客様が離れてしまうかもしれません。

バーチャルツアーは、それを利用するお客様がどう思うかをイメージしながら適したポイント数に設定することが肝心です。

なぜそのようなストリートビューが多いのか?
また、そうならないためのストリートビューの機能などについては下記リンクに詳しく解説しています。



お客様(ユーザー)側のデメリット

お客様側のデメリットとしては、やはり古いストリートビューによる混乱が最も大きなデメリットと言えます。
マイビジネスに表示されるストリートビューがGoogleが撮影したものだけで、そのポイントが違っていると、ナビで設定しても違う場所にたどり着いてしまいます。
また、Googleが撮影したストリートビューが古い状態のままで、景色が変わっていたりすると現地について混乱が生じます。

また大幅な改装などがあり、店内が大きく変化したにも関わらず、店内ストリートビューが改装前のままだったりすると、それを観て来店したお客様がイメージとの違いに戸惑われることも考えられます。

正確で実際と大きく違わないストリートビューをマイビジネスに導入することが大切ですね。

まとめ

以上、Googleマイビジネスにストリートビューを導入するメリット・デメリットについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ヒラガナ360では、高品質・高性能で適切なストリートビューの撮影・編集を全国対応で承っております。

現在飲食店・宿泊施設限定でストリートビュー応援キャンペーンも実施中ですので、失敗しないストリートビュー導入をお考えの方は是非一度ご検討下さい!


また、Googleマイビジネスの写真・動画・ストリートビューをまとめてプロカメラマンが撮影するお得なセットもご用意しております。
マイビジネスの充実をお考えの方は是非!