Googleマイビジネスのストリートビュー解説!写真・動画との違い、カメラによる違いなど

選ばれる店舗の決定打!ストリートビュー

Googleストリートビューは、Googleマイビジネス・Googleマップで日本のみならぜ世界中の多くの人々に閲覧されています。360度見渡すことが出来るストリートビューは、言わばWebのショールームと言えます。

近年、Webでのお店選びの主流となってるGoogleマップとGoogleマイビジネス。ではGoogleマップ上でGoogleマイビジネスを比較してお店を探しているユーザーの決め手は何でしょうか?

カフェで言えば、口コミで評価されているか?メニューは美味しそうか?価格はどうか?などの総合的な判断だと思われます。その判断の中でお店の雰囲気を重要視されるユーザーも少なくないと思われます。

下の表に、Googleマイビジネスの投稿カテゴリーで、どのメディアが店舗の何をアピールするのに適しているかをまとめてみました。

Googleマイビジネス投稿種類の比較表の説明画像
Googleマイビジネスにおけるカテゴリーとメディアの相性

店舗の魅力を伝えることが出来れば、集客力のUPに繋がるので、どのGoogleマイビジネスもそれなりに写真を投稿しアピールされています。写真は商品などには適していますが、お店の雰囲気は伝えきれません。動画は情報量が多く、感覚に訴えかけることができるメディアですが、やはり雰囲気や全体像の把握はストリートビューに比べて劣ります。また専門性が高く、逆に魅力を損なってしまう恐れもあります。雰囲気や全体像を一番伝えることができ、魅力と安心感をユーザーに感じてもらえるのがGoogleストリートビューです。

ただ、ストリートビューも360度全てが見えてしまうことから、魅力を伝えることが出来れば大きな武器となりますが、逆にあまり魅力的でなかったりツアーとして使いづらかったり(無駄に多くのポイントを設定しまうと本当に見せたい箇所に辿り着く前に飽きられてしまう恐れもあります。適度なポイント数が大切です)すると、閲覧者の関心を失うこともあります。

ユーザーの気持ちになって高品質なストリートビューを適切なポイント数設定することが、Googleマイビジネス、Googleマップで選ばれる店舗の鍵となります。

Googleストリートビューの品質比較

では、集客するために適したGoogleストリートビューとは、どんなストリートビューを指すのでしょうか?

ポイントは2つあります。

撮影するカメラと制作過程における360度写真としての質の違いと、バーチャルツアーとしての使いやすさの違いです。

一眼レフ・360度カメラ・スマホカメラの違い

ストリートビューに使われるカメラは大きく分けて、一眼レフ・360度カメラ・スマホカメラに分かれます。

最も高画質でキレイで美しいのは、やはり一眼レフによって撮影され合成された360度カメラです。

360度カメラとして有名なThetaは、一眼レフより画質は劣りますが、スマホで見る分には問題ない画質と感じられる方もいらっしゃいます。しかし、三脚処理や水平・垂直出し、細かな光や色の調整なども含む合成編集の工程においても、全自動の360度カメラは一眼レフ360に敵いません。

またスマホカメラでGoogleストリートビューアプリを使って360度画像も撮ることが出来ますが、合成が上手くいかないことが多く、あまりお勧めできません。

ストリートビュー画像における使用カメラ別品質比較表の画像
ストリートビューにおける使用カメラ別品質比較

一眼レフ360と360度カメラの画質の違い詳しく知りたい方は↓の記事をご参考下さい。

VR・バーチャルツアーとしての使いやすさの差

ストリートビューと言えば矢印で移動することが出来るのが大きな特徴です。あたかもそこにいるように360度見渡しながら進めることでバーチャルツアーの代名詞とし世界中で親しまれています。

世界中の観光地や街などのGoogleストリートビューでは、クリックして変わっていく異国情緒がとても楽しく多くの人が一度は試してみたことがあるかと思います。

しかし、お店選びのストリートビューではどうでしょうか?

ユーザーは何となく店の雰囲気が知りたいだけなのに、店の入り口手前から店内まで何度も何度もクリックさせられるストリートビューを多く見かけます。

また、Googleマイビジネスの360°ビューをクリックすると一覧を観ることができますが、枚数が多すぎると一枚一枚観ていくのがとても面倒くさく感じられてしまいます。

下手をすれば途中で面倒くさくなって一番の見せ場に辿り着く前に画面を終了して別のお店探しにいってしまうかもしれません。

無駄のないお店選びの決定打となるストリートビューを的確にユーザーに届けましょう!

下の記事でも詳しく解説しています。

ヒラガナ360の”ストリートビュー”

スマホでもデスクトップでも美しい一眼レフ撮影

ヒラガナ360では、お客様の”こだわり”を最大限に引き出すため、 基本的には360度カメラではなく一眼レフカメラによる9枚(水平6枚・天井1枚・床面2枚)の合成写真で360度写真を制作しています。

360度カメラは、一回シャッターを切るだけですぐに出来上がり、とても便利なのですが、解像度の低さ、ピントの甘さが目立ち、スマートフォンでの閲覧であればまだしも、デスクトップPCやタブレット端末での閲覧では、正直見劣ります。

あらゆるデバイスで魅力的な空間を伝えるため、 一眼レフによる撮影をおすすめ致します。

お店の看板となるストリートビュー、真下の三脚消しまで妥協なく

また、現在多くのストリートビューの真下を見ていただきますと、三脚が写ってたり、三脚を目立たなくする渦巻処理を多く見かけると思います。

ヒラガナ360では、店舗の魅力は床にも存在する、神は細部に宿るという考えのもと、真下部分も撮影し合成ソフトで繋げることで、お客様の空間を妥協なく表現します。

ストリートビュー事例や価格ページはこちらをクリック

Googleマイビジネスの写真・動画サポート

ヒラガナ360では、ただストリートビューを撮影するだけでなく、お客様の最終ゴール、集客力の向上のため、Googleマイビジネスのサポートや写真・動画撮影もおこなっております。

Googleマイビジネス運用のアドバイスも行っていますので、マイビジネスで他社と差を付けたいとお考えの方、是非お問い合わせ下さい!