360度VRツアーのメリット

近年、SNSやWebサイトによる広報の強力なツールとしてVRツアー(バーチャルツアー)が次々と世界中で制作され始めています。

バーチャルツアーでは、写真や動画のように切り取られた空間でなく、空間を上下左右360度、自由に閲覧できることから、空間の持つ魅力を余すことなく伝えることができ、また同時に安心感も与えることが出来ます。

さらに、ECサイトやWebページへのリンク、動画や画像で様々なインフォメーションをツアー内に設けることも可能で、活用方法は様々です。
またオリジナルVRツアーの360度画像はGoogleストリートビュー(Googleマップ・Googleマイビジネス)にも掲載することで、店舗・施設の紹介としてより効果的となります。

ユーザーは失敗しない施設選びの材料として、これまではWebサイトやSNSで写真や動画を参考にしていましたが、今後バーチャルツアーが決め手のコンテンツとなっていくと考えられます。

強力な魅力アピールとともに、今後はコロナ対策のアピールとしても、ますますバーチャルツアーの持つ役割が増えていきます。

観光・レジャー、店舗・施設、不動産やモデルハウス、学校や教育コンテンツ、建築・建設現場などの施工事例など、多くの分野で活用され始めたバーチャルツアーは、これからのWeb集客の定番となるコンテンツと言えます。

ヒラガナ360オリジナルVR制作の特徴

こだわりの詰まった空間の360度VR作るなら「美しく、使いやすく伝わりやすく、印象深い」VRを!

撮影・現像・合成・補正にまでこだわる美しい360度写真

ヒラガナ360では360度カメラによる簡易撮影だけではなく、一眼レフカメラによる高画質・高品質な360度写真撮影も承っています。不動産分野などで、現在多くのVR・バーチャルツアーが公開されていますが、その多くは360度カメラによる簡易撮影によって制作されたものです。

360度カメラは、スマートフォンのみでの視聴や、ざっくりとしたイメージだけを伝えるのには適したツールですが、デスクトップでの視聴も想定される場合や、お客様のこだわり空間を表現するには、やはり一眼レフによる撮影が適しています。

一眼レフで9枚の写真をLAWデータで撮影し、明るさ・色調を一枚一枚現像ソフトで調整します。その後、合成編集、水平垂直補正、歪み補正、真下部分の三脚消しなどの工程を経て出来上がる360度写真は、空間の魅力を最大限に表現することが可能です。

360度カメラと一眼レフカメラによる画質・表現力の違いについては下記記事をご参考下さい。

使いやすく、伝わりやすいツアー設計

スマホの縦でも横でも快適なVR

現在、Webサイトではレスポンシブデザインが当たり前になっていますが、バーチャルツアーでもスマートフォン・デスクトップに対応したストレスのないレイアウトが求められています。他社のサービスでは、スマートフォンで見るとボタンが押しにくかったり、埋め込み情報が読めなかったりといった使いづらいものを見かけます。ユーザーに操作や情報認識でストレスを与えてしまうと、せっかく観てもらえたツアーもすぐに離脱されてしまいます。

マップレーダー機能と3Dウォーク

またバーチャルツアーのデメリットに関して、「現在地の把握が難しい」「移動するたびに見てる方向が変わり、全体像が掴みにくい」というお声をお聞きします。ヒラガナ360では、マップレーダー機能と、ツアーの3Dウォーク効果によって、迷子にならず、全体像を把握しやすいバーチャルツアーを制作しております。

モデルハウス様の事例で是非、一度体験して見て下さい。

スタート画面による説明

コロナ禍で、バーチャルツアーは需要が高まっていますが、まだまだ一般的には馴染みが薄いコンテンツと言えます。一般ユーザーからは「どう操作してよいかわからない」と言った声が少なからずあります。他社のバーチャルツアーでは、ボタンが多く、どういう機能なのかの説明もなく使いづらいツアーをよく見かけます。

ヒラガナ360では、そういったことがないよう、ツアー開始前にスタート画面を設け、ツアーの操作説明を追加したり、余計なボタンは排除したりなど、お客様それぞれのご要望に添った機能をデザインいたします。

カスタムデザインによる印象深いツアー

ストリートビューでは表現出来ないバーチャルツアーの主な特徴に、「オリジナルにカスタム可能なデザイン」「サムネイル」「フロアマップ」「埋め込み情報」などがあります。

テンプレートに当てはめただけのバーチャルツアーでは、他社との違いが伝わりづらく、せっかくのこだわり空間も印象に残りづらくその他多数の中に埋もれてしまう危険があります。

ヒラガナ360では、移動の矢印から、埋め込みボタン、インフォメーションのデザインにまでこだわることで、お客様のこだわりを最大限に引き出し、他社と差別化することで、印象深いオリジナルツアーを制作いたします。サムネイルやフロアマップのデザインもカスタム可能です。画面内にはWebサイトやSNSへのリンクも配置可能ですので、既存の媒体と連携したバーチャルツアーでお客様のビジネスの魅力を高めます。

導入価格

【360度写真撮影】

・360度一眼レフ撮影・現像・合成・編集(1〜5箇所):50,000円 
  ※6箇所以上1箇所追加につき5,000円
・THETA-Z1撮影・現像・編集(1〜5場面):25,000円 
  ※6場面以上1場面追加につき2,500円

【VRツアー制作】

・ツアー構築基本料(1〜5箇所):50,000円
・ツアー構築基本料(6〜10箇所):70,000円 
※11箇所以上応相談
※基本機能:サムネイル・カスタムボタン・自動回転・アングル設定・マルチレゾリューション・外部リンク設置

【オプション】

・マップ埋め込み(視点レーダー):10,000円(1点)
・3D(ウォーク)エフェクト:3,000円×場面数
・ポップアップ埋め込み(テキスト・画像・動画・SNS):1,000円×点数
・BGM追加:5,000円(1点) 
・その他画面エフェクト:(応相談)

 ※価格は全て税別です。

制作の流れ

1.お問い合わせ/打ち合わせ/お見積り

VRツアーの表現内容や利用目的をお聞きし、コンテンツ内容をご提案致します。上記コンテンツプランにご了承頂けましたら御見積を作成致します。

2.お申し込み

ご契約前に、お客様のWebサイトでご確認頂ける場合は、サンプルコンテンツをお渡ししてテストをお願い致します。問題なければ撮影日時をご相談の上、ご契約させて頂きます。

3.撮影

屋外の場合、天候次第で撮影を延期させて頂く場合があります。場所のセッティングなどは事前準備をお願い致します。

4.コンテンツ作成・動作確認

撮影した写真をもとに360度画像を作成し、VRツアーを編集致します。必要な場合は元素材をお客様にご提供して頂きテスト版を作成致します。テスト版を元に、動作確認して頂き、細部の調整を相談しながら完成させて頂きます。

5.納品

最終確認後、VRツアーの完成データをzipファイルにて納品いたします。